MAIN

髪の巧 2014.7.1 TOKYO

2014 6/30

髪の巧 2014.7.1 TOKYO

「フォルムと質感のコントロール」

main

モデルカットのデモンストレーションに加えウィッグも併用して解説する、より見応えのあるステージ構成となっています。

普段から行っているサロンワークの中で日々何を思い、何を考え、何に気付き仕事をしているか?
そんな巧の頭の中をお見せする。

セミナーを見た美容師の方々にも、何かの思い、何かの考え、何かの気付きのあるもの。
そういう考えもあるんだ…、そうそう、そう思ってた、、そんな帰り道になるようなセミナーです。

以下、各メンバーの詳細です、

岩澤
ウェット&ドライ、カットにおけるフォルムコントロールの役割。
パーマによるフォルムコントロールの活用。
それぞれの役割を明確にした上での、組み合わせによるアプローチ。

北原
アウトラインとしての明確なフォルムと、セクションに対しての馴染みや質感を忍ばせてフォルムの補正。
カットをベースに、質感をコントロール。

松村
太く硬かった毛髪が主流だった昭和から、細く柔らかい毛髪が増えつつある今日、これから必要な技術である、ドライカットをお見せします。

山口
追い求める質感は、常にフォルムコントロールと隣り合わせ。
重くて硬いはNG、軽くて硬いはもっとNG。
柔らかさと重さの共存を、カットとヘアカラーを交えてのコントロール技法。

受講料 4,500円
※実際のステージ順とは異なります

——————————————————
http://kaminotakumi.jp/